FOOT WEAR フクヤ
 

まずは靴を履くところから


ウォーキングシューズの履きかた

コンフォートシューズ
フットウェア フクヤ

〒557-0015
 
大阪市西成区花園南1−5−5

tel:06-6661-5929

大阪市営地下鉄四つ橋線
花園町下車すぐ
→→地図
定休日は木曜日です。

1. 足を靴に入れる2. カカトを後ろまで
きちっとくっつけ、
靴がフィットするように
ヒモを仮止めします。
3 .カカトを上げて、
ヒモをもう一度締め
なおし、しっかり
結びます。

 


外反母趾など足の障害について
靴選びのチェックポイント
フットプリンターって?
フィッティングに使う材料
ウォーキングの効果
足の骨格図
高齢者の方の靴について
中敷ひとつで靴が変わる
取扱商品のご案内
 ストレッチウォーカー
 EJECT
 ジョリア
 ウォーキー
 クリスティーナオットー
 ZOO
 グーテバール
 コンフォマーブル
 ハフリンガー
 左右専用ソックス

 


 

靴の脱ぎ履きが邪魔くさいからと、ヒモをユルユルにしている人をよく見かけます。
せっかく足にあった靴を買っても、これではつっかけを履いているのと、あまりかわりがありません。 靴の中で足が滑りフィットしないと、靴が重たく感じたり、指を突いたりして足に障害が出ることがあります。
ちょっとした手間があなたの足を守ります。

歩いてみましょう

靴2足分以上の大またで歩くと膝や腰を痛めやすいのでお薦めしません。
最新の研究によると一日の生活の中で8000歩を目安にしてそのうち20分を息が切れる速度より少し遅く歩くと心臓の働きも適度で、血液の循環もよくなり健康維持に効果的だそうです。このときの心拍数は、最高心拍数の約75%です。この心拍数を歩くときの目安にしてください。


ウォーキングの効果


今までウォーキングを行っていなかった人30人が、
週に3回以上のウォーキングを12週間続けると、
次のような効果が見られたそうです。


1.心臓の働きがよくなる

1回拍出量が増え、心拍数が減少ウォーキングをはじめる前は、体内に酸素が行き渡るためには心臓が早く働かなければならなかったが、ウォーキングを続けるとゆっ くりした心臓の動きでも血液が体内を巡り楽に歩けるようになりました。
   


2.体重と体脂肪が減る


7割の人が、平均1kgの減量に成功。体脂肪率を調べると減った分は脂肪であることがわかりました。


3.血液の成分がよくなった

血液の総コレステロールが減り、善玉のHDLコレステロールが増加しました。また肥満や成人病を引き起こすといわれる血液中の中性脂肪も減少しました。